江戸時代 / Edo period

ここでは、明治3年(1871)から昭和21年にかけて発行された「旧円」を展示していますが、その前に、近代貨幣制度発足直前まで使用されていた、江戸時代の貨幣を見てみましょう。

明治二分金 (2,000文)
発行:明治元年(1868)
表:桐紋
裏:後藤家当主の花押(江戸時代、金貨鋳造を担当)

Meiji 2bu Gold (2,000Mon)
Day of Issue:1868
Paulownia coat of arms
Signature of GOTO

安政一分金 (1,000文)
発行:安政6年(1859)

Ansei 1bu Silver (1,000Mon)
Day of Issue:1859


天保二朱金 (500文)
発行:天保3年(1832)
表:桐紋
裏:後藤家当主の花押(江戸時代、金貨鋳造を担当)

Tenpo 2Shu Gold (500Mon)
Day of Issue:1832
Paulownia coat of arms
Signature of GOTO


明治一朱銀(250文)
発行:明治元年(1868)

Meiji 1Shu Silver (250Mon)
Day of Issue:1868


天保通宝(100文)
発行:天保6年(1835)
表:天保通寶の題字
裏:「當百」(当百)の文字と花押

Tenpo-tsuho (100Mon)
Day of Issue:1835


文久永宝(4文)
発行:文久3年(1863)
表:題字
裏:波紋(4文銭のしるし)

Bunkyu-eiho (4Mon)
Day of Issue:1863


寛永通宝(4文)
発行:寛永3年(1768)
表:題字
裏:波紋

Kan-ei-tsuho (4Mon)
Year of Issue:1768


寛永通宝(1文)
発行:寛永3年(1626)
表:題字
裏:

Kan-ei-tsuho (1Mon)
Day of Issue:1626


明治維新 / MEIJI Restoration 1868

明治維新に伴い、江戸時代に使用されていた両・分・朱・文といった4進法の通貨単位を廃止し、10進法の新しい通貨「円・銭・厘」を制定しました。

1円=1両
50銭=2分
25銭=1分
12銭5厘=2朱
6銭2厘半=1朱=250文
8厘=天保通宝


明治4年4月20日(1871)、前島 密によって近代的郵便制度がスタートしましたが、当初発行された切手はご覧の通り「銭四十八文」「百文」と文単位のままになっています。(翌、明治5年から「銭単位」の切手を発行)

「郵便切手の歩みシリーズ」第1集(竜文切手と前島密)
発行:平成6年(1994)

明治3年 / 1871

英領香港から中古の造幣設備を導入し、我が国で最初の近代型金銀貨の製造が始まりました。


旧一円銀貨(4,000文)
発行:明治3年
※製造年銘がある面が「表」
※旧1両に相当

[解説]
日本最初の西洋式銀貨。英領香港の造幣局で使用していた硬貨製造機器を譲り受け、大阪造幣局にて製造した。極印(まっさらな銀の円盤に貨幣の模様を刻み込むための部品) は金工師の加納 夏雄(1828-1898 / 文政11年-明治31年)が担当した。

Old type 1 Yen Silver (4,000Mon)
Day of Issue:1870
大日本(だいにっぽん/Dai Nippon)=Great Japan
一圓(いちえん/Yichi-yen)=One Yen
明治三年(めいじ・さんねん/Meiji-san-nen)=Meiji era 3=1870


旭日竜 大型50銭銀貨(2,000文)
発行:明治3年
廃止:昭和28年12月31日
※製造年銘がある面が「表」
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)
※旧2分に相当

Rising Sun & Dragon 50sen (2,000Mon)
Day of Issue:1870
Day of Abolished :
1yen=100sen

旭日竜 20銭銀貨(800文)
発行:明治3年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)


Rising Sun & Dragon 20sen (800Mon)

Day of Issue:1870
Day of Abolished :
※旧800文に相当

旭日竜 10銭銀貨(400文)

発行:明治3年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)
※旧400文に相当

Rising Sun & Dragon 10sen (400Mon)
Day of Issue:1870
Day of Abolished :


2銭銅貨(80文)
発行:明治6年(1873)
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)
※旧80文に相当

2sen, Copper (80Mon)
Day of Issue:1873
Day of Abolished :


1銭銅貨(40文)
発行:明治6年(1873)
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)
※旧40文に相当

Dragon 1sen (40Mon)
Day of Issue:1870
Day of Abolished :

半銭銅貨(20文)
発行:明治3年(1873)
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)
※旧20文に相当

1/2sen, Copper (40Mon)
Day of Issue:1873
Day of Abolished :

1厘銅貨(4文)
発行:明治6年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)
※旧4文に相当

1rin, Copper (4Mon)
1sen=10Rin
Day of Issue:1873
Day of Abolished :

明治5年 / 1872

当時の我が国には紙幣を製造するための十分な能力が無かったことから、先進国だったドイツに印刷を依頼して製造されました。このことから、俗に「ゲルマン紙幣」などと呼ばれることがあります。


明治通寶 1円 (4,000文)

発行:明治5年2月15日(1872)
廃止:明治32年12月31日(1899)
※旧1両に相当

"Meiji-tsuho" 1 Yen (4,000Mon)
Day of Issue:15 Feb, 1872
Day of Abolished: 31 Dec,1899


新1円銀貨
発行: 明治7年-明治20年(大型・38.6mm / 国内通用)
発行: 明治20年-明治30年(小型・38.1mm / 国内通用)
発行: 明治34年-大正3年(同上 / 台湾銀行券兌換用に製造し、国内通用せず)
※製造年銘がある方が「表」

New type 1yen Silver
Year of Issue : 1874-1887(Large size/ Legal tender)
Year of Issue : 1887-1897(Small size / Legal tender)
Year of Issue : 1901-1914(small size / Not legal tender in Japanese mainland)
※ Reserve silver for The Bank of Taiwan convertible notes.


竜 50銭銀貨
明治31年銘
発行:明治6年から明治38年まで
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)

Dragon 50sen Silver
Day of Issue:1873



竜 20銭銀貨
明治38年銘(1905)
発行:明治6年から明治38年まで
廃止:昭和28年12月31日
※製造年銘がある方が「表」
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)

Dragon 20sen Silver
Year of Issue:1873-1905
Day of Abolished : 31 Dec. 1953


明治10年 / 1877


新国立銀行券1円
水兵1円
発行:明治10年12月**日(1877)
廃止:明治32年12月31日(1899)

New National bank 1Yen
Day of Issue:** Dec, 1877
Day of Abolished: 31 Dec,1899


明治14年 / 1881



改造紙幣 1円
(神功皇后 1円)

発行:明治14年2月
廃止:明治32年12月31日

Imperial Japanese Government note 1Yen
(Empress JINKO 1 Yen)

Day of Issue:15 Feb, 1872
Day of Abolished: 31 Dec,1899
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大(だい/Dai)=Great
日本(にっぽん/Nippon)= Japan
帝國(ていこく/Teikoku)=Imperial
政府(せいふ/Seihu)=Government
紙幣(しへい/Shihei)=Papermoney, Note
壱圓(いちえん/Yichi-Yen)=One Yen

神功皇后
第14代仲哀天皇の皇后でした。天皇崩御の後、遺志を継ぎ熊襲を平定しました。さらに朝鮮半島へ攻め込み、新羅を征伐し百済を服属させました。(三韓征伐)天皇を助け、我が国の国力増大に寄与した功績が極めて大きいと評価され、ほぼ伝説上の存在で、かつ女性でありながら、「我が国最初の西洋式紙幣肖像」の人物に選ばれました。


旧高額切手
1908年2月20日発行

神功皇后を描いた高額普通郵便切手です。明治維新(ぶっちゃけ内戦)からまだ数十年。江戸幕府の人物を描いても、明治政府の人物を描いてもカドがたち、明治天皇を描きたくても「陛下のお顔を消印で汚すとは何事だ」と怒られてしまうご時世、誰からも文句を言われない神功皇后は、通貨・郵政の関係者にとってとてもありがたい存在だったのかもしれません。



明治18年 / 1885



日本銀行兌換銀券 1円
(大黒1円)

発行:明治18年9月8日(1885)
現行

Bank of Japan 1 Yen Silver convertible note
Day of Issue:8 Sep, 1885



明治維新後、新政府は近代化や西南戦争の経費のためにたくさんの紙幣を発行しました。徳川幕府が倒れた直後の当時は、新政府にも政府紙幣にも信用がなく、同じ額面の金貨・銀貨に対して、紙幣は割引されて流通するという由々しき状態にまで陥っていました。そのため、明治政府は通貨制度改革のため、欧米列強をまねて中央銀行を新たに設立することにしました。新しい中央銀行には我が国で唯一銀行券を発行する権利を与える一方、その銀行券は額面と同額の金貨・銀貨と交換できることを保証して、国民の信用を得ることにしました。これが日本銀行であり、私たちが現在使用している「日本銀行券」の始祖となります。


エドアルド・キヨッソーネによる「大黒天」像
米俵に乗り、打ち出の小槌を持った笑顔の大黒天が描かれています。米俵にはこぼれたコメを求めて3匹のネズミが群がっているという、なんともユーモラスな光景が描かれています。

エドアルド・キヨッソーネは、明治初期にいわゆる「お雇い外国人」として明治政府に請われて来日し、我が国にヨーロッパ式凹版彫刻・印刷技術を伝えました。戦前の日本銀行券に何度も描かれた、藤原鎌足・和気清麻呂・菅原道真・武内大臣の肖像画もキヨッソーネに依るものです。

明治32年 / 1899


甲号兌換銀行券10円
裏イノシシ10円
発行:明治32年10月1日(1899)
廃止:昭和14年3月31日(1939)

Bank of Japan 10Yen Convertible note
Day of Issue:1 Oct, 1899
Day of Abolished: 31 Mar,1939



甲号兌換銀行券5円
中央武内5円
発行:明治32年4月1日(1899)
廃止:昭和14年3月31日(1939)

Bank of Japan 5Yen Convertible note
Day of Issue:1 apr, 1899
Day of Abolished: 31 Mar,1939



旭日 50銭銀貨

明治40年銘
発行:明治39年から大正6年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)

Rising Sun 50 sen

Day of Issue:1906

※ここから「製造年銘が入れられている側」が、「裏」となります。
明治22年(1899)発行の菊5銭白銅貨以降、順次「製造年銘が入れられている側が裏」の硬貨が増えていき、統一されました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
我が国の旧領土・勢力圏
Old territories of Japan



日清戦争の勝利により、日本領となった台湾で銀行券の発行が始まりました。


明治43年 / 1910


乙号兌換銀行券5円
透かし大黒5円
発行:明治43年9月1日(1910)
廃止:昭和14年3月31日(1939)


Bank of Japan 5Yen Convertible note
(Sugawara no Michizane 5Yen)

Day of Issue:1 Sep, 1910
Day of Abolished: 31 Mar,1939



旭日 20銭銀貨
発行:明治39年から明治44年まで
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)


Rising Sun 20sen

Year of Issue:1906-1911
Day of Abolished :

旭日 10銭銀貨
発行:明治40年から大正6年まで (1907-1917)
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)

Rising Sun 10sen
Year of Issue:MEIJI 40 - TAISHO 6 (1907-1917)

Day of Abolished :

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
我が国の旧領土・勢力圏
Old territories of Japan


「韓国併合ニ関スル条約」(明治43年/1910)に基づいて日本領となった朝鮮で、銀行券の発行が始まりました。


大正時代 / 1915



日本銀行兌換券10円

左和気10円
発行:大正4年5月1日(1915)
廃止:昭和14年3月31日(1939)

日本銀行発行の銀行券としては、唯一、人物肖像が左側に配置されている。裏面の英文兌換文言のフォントといい、アール・ヌーヴォーの影響を感じさせる。

Bank of Japan 10Yen Convertible note
(Wake no Kiyomaro 10Yen)

Day of Issue:1 May, 1915
Day of Abolished: 31 Mar,1939

和気清麻呂




護王神社




日本銀行兌換券5円(大正武内5円)

発行:大正5年12月15日(1916)
廃止:昭和14年3月31日(1939)

Bank of Japan 5 Yen Convertible note
(Takeuchi no Sukune 5Yen)

Day of Issue : 15 Dec. 1916
Day of Abolished : 31 Mar. 1939



大正兌換銀行券 1円
武内宿祢 アラビア数字1円
発行:大正5年8月15日(1916)
現行

Bank of Japan 1 Yen Silver Convertible note

Valid


武内大臣


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
日本(にっぽん/Nippon)=Japan
銀行(ぎんこう/Ginko)=Bank
兌換(だかん/Dakan)=convertible
銀(ぎん/Gin)=Silver
券(けん/ken)=note


帝国政府紙幣10銭(大正小額紙幣10銭)

発行:大正6年~大正10年
廃止:昭和23年8月31日

Imperial Government note 10 Sen
Day of Issue :
Date of Abolish : 31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)


鳳凰 小型50銭銀貨
50 Sen(Phenix)
発行:大正11年(1922)
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)

Phenix 50sen Silver
Day of Issue:1 May, 1915
Date of Abolish : 31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)


桐 10銭白銅貨
10 Sen
発行:大正9年(1920)
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)


Paulownia 10sen Cupro-nickel
Day of Issue:1920
Date of Abolish : 31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)


桐 1銭青銅貨
1 Sen
発行:大正5年(1916)
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)

Paulownia 1sen Bronze
Day of Issue:1916
Date of Abolish : 31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)


昭和5年 / 1930



日本銀行兌換券 100円

聖徳太子 1次百円
Bank of Japan 100 Yen (Shotoku-taishi 100 Yen, 1st)
発行:昭和5年1月11日(1930)
廃止:昭和21年3月2日(1946/新円切替)

聖徳太子のお札

Bank of Japan 100Yen Convertible
(Prince Shotoku 100 Yen/1st)

Date of issue:21 Jul., 1931
Date of Abolish:2 Mar., 1946
(Due to Denomination 1946)

聖徳太子


法隆寺夢殿(奈良県)
聖徳太子の姿を写したとされる、秘仏・救世観音像が安置されている。夢殿の上部には兌換文言が印刷されているが、他の券種と違い文言の読みやすさよりもデザイン性が優先されているところが面白い。

聖地巡礼:法隆寺(奈良県)


法隆寺


法隆寺全景
五重塔の「裳階」の描写が100円券では異なっている。また、100円券に描かれてた金堂右側の接続回廊が現存していない。
(※高所からの撮影が不可能なため、法隆寺発行の絵はがきセットを購入の上、引用しています)





日本銀行兌換券 20円
藤原鎌足 縦書き20円
発行:昭和6年7月21日
廃止:昭和21年3月2日(新円切替)

Bank of Japan 20Yen Convertible
(Fujiwara no Kamatari, 20 Yen)

Date of issue:21 Jul., 1931
Date of Abolish:2 Mar., 1946
(Due to Denomination 1946)

藤原鎌足


談山神社


談山神社・十三重塔(室町時代・重文)


談山神社・拝殿

談山神社・拝殿






兌換券 10円
和気清麻呂 1次10円
発行:昭和5年5月21日
廃止:昭和21年3月2日(新円切替)

Bank of Japan 10 Yen Convertible
(Wake no Kiyomaro, 10 Yen/1st)

Date of issue:21 May, 1930
Date of Abolish:2 Mar., 1946
(Due to Denomination 1946)


和気清麻呂


正倉院「正倉」外構
聖武天皇の御物など、奈良時代の宝物が現代にいたるまで保存されてきました。1次10円券を飾る模様も正倉院御物をモチーフにしている部分があります。


護王神社(京都市)


聖地巡礼:護王神社(京都府)



兌換券 5円
菅原道真 1次5円
発行:昭和5年3月1日
廃止:昭和21年3月2日(新円切替)

Bank of Japan 5Yen Convertible note
(Sugawara no Michizane 5Yen, 1st)

菅原道真


北野天満宮


北野天満宮
令和3年4月撮影




10銭ニッケル貨

発行:昭和8年(1933)
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)

10 Sen, Nickel
Date of issue:** ***., 1933
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)


金鵄/勾玉5銭ニッケル貨
Imperial Japanese Government 50 Sen(Phenix)
発行:昭和8年(1933)
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)

5 Sen, Nickel
Date of issue:** ***., 1933
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)


4銭:東郷 平八郎元帥
2銭:乃木 希典大将

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
我が国の旧領土・勢力圏
Old territories of Japan


昭和7年(1932)、遼寧省・吉林省・黒竜江省の地に満洲国が建国され、銀行券が発行されるようになりました。


昭和13年 / 1938



帝国政府紙幣 50銭
(富士桜 50銭)

発行:昭和13年6月1日
廃止:昭和23年8月31日
表:越前岳(愛鷹山頂)から眺めた富士山(静岡県)
摘要:銀貨→凹版印刷の紙幣へ

Imperial Government note 50 Sen
(Mt. FUJI 50 Sen)

Date of issue:1 Jun., 1938
Date of Abolish:31 Aug., 1948



10銭アルミ青銅貨
発行:昭和13年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止

摘要:貴重なニッケル→アルミ×青銅の合金へ素材変更

10 Sen, Aluminum-Bronze
Date of issue:** ***., 1938
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)



5銭アルミ青銅貨
発行:昭和13年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止

摘要:貴重なニッケル素材→アルミと青銅の合金へ

5 Sen, Aluminum-Bronze
Date of issue:** ***., 1938
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)



カラス1銭青銅貨
発行:昭和13年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止

摘要:菊花紋章を描かず、抽象的にデザイン化した桐紋を描いた旧1銭硬貨
→菊花紋章・五七桐紋・神武天皇御東征にちなむカラスを配置

1 Sen, Bronze
Date of issue:** ***., 1938
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)


カラス1銭アルミニウム貨
発行:昭和13年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止

※資材不足により、上掲の「カラス1銭黄銅貨」を素材・量目変更

1 Sen, Aluminum
Date of issue:** ***., 1938
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)


昭和16年12月8日(1941)、日本海軍はハワイ真珠湾の米軍基地を攻撃し、アメリカ合衆国と戦争状態に入ります。当時の我が国は「大東亜戦争」と呼称していました。

大東亜戦争第一周年記念切手(郵便料金5銭+寄附金2銭)
発行:昭和17年12月8日(1942)





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
我が国の旧領土・勢力圏
Old territories of Japan



 昭和12年(1937)、日中戦争が始まりました。中華民国各地に派遣された日本軍が現地で物資を購入するために、日本国内で使用されている円とは別の紙幣「軍用手票(軍票)」が使用されました。さらに昭和16年(1941)の大東亜戦争(太平洋戦争)開戦以後は、欧米列強の植民地と化していた東南アジアで使用するために、現地仕様の軍票が多数発行されました。昭和20年(1945)の我が国の敗戦とともに、これらの軍票は通用を停止しました。


昭和17年 / 1942

将来、紙幣供給の需要が高まった際に備えて、千圓(1,000円)、貳百圓(200円)の超高額券が製造されました。

2券種とも名目上「発行」はされたものの数年は日本銀行に保管されたままになっており、実際に使用開始になったのは昭和20年になってからです。超高額券だったことに加え、使用開始から1年未満で新円切替を迎えてしまい大半の紙幣が回収されてしまったこと、敗戦直後のため国民に旧紙幣を保存しておくだけの余裕がほとんどなかったなどの不運が重なり、現在となっては極めて希少な券種となっています。




兌換券 甲号1,000円
日本武尊 1,000円
発行:昭和17年4月20日
使用開始:昭和20年8月17日
廃止:昭和21年3月2日(新円切替)
備考:表に「総裁之印」、裏面に「発行局長」(左)「文書局長」(右)印。

Bank of Japan 1,000 Yen Convertible
(Prince Yamato Takeru, 1,000 Yen)

Date of issue:20 Apr., 1942
Date of Abolish:2 Mar., 1946
(Due to Denomination 1946)



日本武尊




聖地巡礼:建部大社(滋賀県)
甲千円券に描かれた本殿は現存していますが、正面の拝殿との間に新たな社殿が建設されてしまい、現状は上掲の写真のようになっています。





改正兌換券 200円
藤原鎌足 200円
発行:昭和17年1月6日
使用開始:昭和20年4月16日
廃止:昭和21年3月2日(新円切替)
備考:表に「総裁之印」、裏面に「発行局長」(左)「文書局長」(右)印。

Bank of Japan 200 Yen Convertible
(Fujiwara no Kamatari, 200 Yen)

Date of issue:20 Nov., 1942
Date of Abolish:2 Mar., 1946
(Due to Denomination 1946)

藤原鎌足



改正兌換券 5円
菅原道真 2次5円
発行:昭和17年1月6日
廃止:昭和21年3月2日(新円切替)
備考:表に「総裁之印」、裏面に「発行局長」(左)「文書局長」(右)印。

Bank of Japan 5 Yen Convertible
(Sugawara no Michizane, 5Yen/2nd)

Date of issue:20 Nov., 1942
Date of Abolish:2 Mar., 1946
(Due to Denomination 1946)

菅原道真



政府紙幣 50銭
靖国神社 50銭
発行:昭和17年12月8日
廃止:昭和23年8月31日
※印刷方式を、凹版から簡易な平版印刷へ変更。
※意匠を「富士桜」から、より戦意高揚をはかる為「靖國神社」へ変更

Imperial Government note 50 Sen
(Yasukuni-jinja shrine 50 Sen)

Date of issue:8 Dec., 1942
Date of Abolish:31 Aug., 1948


聖地巡礼:靖国神社(東京都)




菊花紋章/桜花 10銭アルミニウム貨

発行:昭和16年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)

10 sen, Aluminum
Date of issue:** ***., 1941
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)

瑞雲/金鵄 5銭アルミニウム貨

発行:昭和16年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)

5 sen, Aluminum
Date of issue:** ***., 1941
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)


富士山 1銭アルミニウム貨

発行:昭和16年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)

Mt.Fuji 1 sen, Aluminum
Date of issue:** ***., 1941
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)


昭和18年 / 1943

このシリーズから表題が「日本銀行兌換券(額面と同額の金貨との交換が保証された紙幣)」から「日本銀行券(日本銀行が金の保有高ではなく、日本銀行法に基づき発行する紙幣)」に改められました。実態はともかく、名目上は金貨・銀貨との交換を保証しつづけてきた「日本銀行兌換銀券」「日本銀行兌換券」が明治18年の日本銀行創設以来、何十年もその価値を保ったのに引き換え、名実ともに管理通貨制度下で発行された日本銀行券(旧円)がたった2年で「紙くず」と化した歴史を振り返ると、なかなか味わい深いものがあります。




日本銀行券 不換紙幣 100円
(聖徳太子 2次 100円)

発行:昭和19年3月20日
廃止:昭和21年3月2日(新円切替)

聖徳太子のお札

Bank of Japan 100 Yen
(Price Shotoku, 100 Yen /2nd)

Date of issue:20 Mar., 1944
Date of Abolish:2 Mar., 1946
(Due to Denomination 1946)


国宝 橘夫人念持仏
聖徳太子の肖像を取り囲む紋様に、橘夫人念持仏の光背模様が描かれている。
(※国宝 橘夫人念持仏は、法隆寺大宝蔵殿にて公開されていますが、撮影はできません。この画像は、法隆寺発行の絵はがきセットを購入した上で、引用しています)



日本銀行券 不換紙幣 10円
(和気清麻呂 2次 10円)

発行:昭和18年12月15日
廃止:昭和21年3月2日(新円切替)

Bank of Japan 10 Yen
(Wake no kiyomaro, 10 Yen/2nd)

Date of issue:15 Dec., 1943
Date of Abolish:2 Mar., 1946
(Due to Denomination 1946)


護王神社
戦況悪化で限られた条件のもと、銀行券としての品位を保とうとしているのが分かるが、優美な凹版印刷で描かれた1次10円券と比較すると、どうしても見劣りしてしまう。



日本銀行券 不換紙幣 5円
(菅原道真 3次5円)

発行:昭和18年11月20日
廃止:昭和21年3月2日(新円切替)

Bank of Japan 5 Yen
(Sugawara no Michizane, 5 Yen/3rd)

Date of issue:20 Nov., 1943
Date of Abolish:2 Mar., 1946
(Due to Denomination 1946)



日本銀行券 不換紙幣 1円
(武内宿禰 中央武内1円)

発行:昭和18年12月15日
現行

Bank of Japan 1 Yen
(Chuo Takeuchi)

Date of issue:20 Nov., 1943
Valid


武内大臣(武内宿祢)

裏面:宇部神社(鳥取県)
伝説では360余歳を生きたとされる武内宿禰をお祀りしている。

宇部神社(鳥取県)
日銀券に描かれた社殿が、残っている。


「武内宿禰命終焉之地」石碑
社殿左側の奥手に建立されている。



昭和19年 / 1944



日本銀行券 改正不換紙幣 10円
(和気清麻呂 3次10円)

発行:昭和19年11月20日
廃止:昭和21年3月2日

摘要:番号廃止、記号のみ記載。

Bank of Japan 10 Yen
(Wake no Kiyomaro, 10 Yen/3rd)

Date of issue:20 Nov., 1944
Date of Abolish:2 Mar., 1946
(Due to Denomination 1946)



1年前に発行された2次10円券とほぼ仕様は同じだが、記番号のうち番号の印字を取りやめ、記号だけに省略している。すなわち、左側の2次10円券では(127組)の586446番だという事がわかるが、右側の3次10円券では(482組)だという事しか分からない。「そこまで余裕がないなら、戦争なんか止めちまえよ」という気しかしません。

日本銀行券 改正不換紙幣 5円
(菅原道真 3次5円)

発行:昭和19年11月20日
廃止:昭和21年3月2日
摘要:番号を廃止し、記号のみ記載。

Bank of Japan 5 Yen
(Sugawara no Michizane, 5 Yen/3rd)

Date of issue:20 Nov., 1944
Date of Abolish:2 Mar., 1946
(Due to Denomination 1946)



日本銀行券 改正不換紙幣 1円
(武内 宿禰 1円)

発行:昭和19年11月20日
現行
摘要:番号廃止、記号のみ記載。

Bank of Japan 1 Yen
(Revised Chuo Takeuchi)

Date of issue:20 Nov., 1944
Valid




日本銀行券 10銭
(八紘一宇の塔 10銭)

発行:昭和19年11月20日
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)
※「八紘一宇(はっこういちう)の塔」こと「八紘之基柱」は宮崎県宮崎市の平和台公園内に現存。

Bank of Japan 10 Sen
("HAKKO-ICHIU" Memorial Tower)

Date of issue:20 Nov., 1944
Date of Abolish:2 Mar., 1946
(Due to Denomination 1946)


八紘一宇の塔
宮崎県宮崎市に現存する。


日本銀行券 5銭
(楠木正成像 5銭)

発行:昭和19年11月20日
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)
※楠木 正成(くすのき まさしげ)像は皇居外苑(東京都千代田区)に現存。

Bank of Japan 5 Sen
(Statue of "KUSUNOKI Masashige")

Date of issue:20 Nov., 1944
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)





聖地巡礼:皇居外苑 (楠木正成像)




10銭錫貨
(菊花紋章と桐紋)

発行:昭和19年(1944)
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)

10 Sen, Tin
Date of issue:** ***., 1944
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)

1銭錫貨
(菊花紋章と唐草)

発行:昭和19年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)


1 Sen, Tin
Date of issue:** ***., 1944
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)



昭和20年、21年発行の普通切手。戦況悪化による物資不足を受けて、裏糊、目打の省略(※1)、印刷用紙の品質低下といった影響がみられます。
※1:切手を一枚づつ切り離すために開けられている、周囲の穴のことです。

普通切手(第3次昭和切手)「盾と桜」3銭
同 「靖国神社」1円

昭和20年 / 1945



日本銀行券 改正不換紙幣 100円
(聖徳太子 3次 100円)

発行:昭和20年8月17日
廃止:昭和21年3月2日

摘要:画像は「後期」。番号廃止、記号のみ記載。

聖徳太子のお札

Bank of Japan 100 Yen
(Prince Shotoku, 100Yen/3rd)

Date of issue:17 Aug., 1945
Date of Abolish:2 Mar., 1946



日本銀行券 再改正不換紙幣 10円
(和気清麻呂 4次 10円)

発行:昭和20年8月17日
廃止:昭和21年3月2日

摘要:画像は「前期」。番号廃止、記号のみ記載。

Bank of Japan 10 Yen
(Wake no Kiyomaro, 10Yen/4th)

Date of issue:17 Aug., 1945
Date of Abolish:2 Mar., 1946


和気清麻呂
戦局の悪化で銀行券でさえ凹版印刷で製造できなくなった。これまでの10円券と比較して、肖像画のシャープさがなくなっている。

稲 10錢 アルミ貨
発行:昭和20年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)

※敗戦に伴い、国号表記が従来の「大日本」から「日本政府」に変更

10 sen, Aluminum
Date of issue:** ***., 1944
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)


5銭 アルミニウム貨
発行:昭和20年
廃止:昭和28年12月31日
(小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止)
※敗戦に伴い、国号表記が従来の「大日本」から「日本政府」に変更

5 Sen, Aluminum
Date of issue:** ***., 1944
Date of Abolish:31 Dec., 1953
(Due to Denomination 1953)


参考文献
日本貨幣商協同組合 編「日本貨幣カタログ」(2012年版) 日本貨幣商協同組合(2011)



昭和20年(1945)8月15日、我が国はポツダム宣言を受諾し、敗戦。戦闘は終結しました。戦時中に多額の紙幣が発行された一方、物資は極端に不足しており、激しいインフレーション(貨幣価値の下落)が起こりました。政府・日銀はこれまでに発行済みの紙幣(旧円)の使用を厳しく制限し、新紙幣「新円」に切り替えることによって、難局を乗り切ろうとします。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

紙幣に描かれた建築物を観に、旅をする。それも自腹で!
それがGo To 聖地巡礼キャンペーン!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ホーム日本の貨幣 > 旧円

こちらもおすすめ

  • 新円切替以降、現代まで続く日本円の系譜。
    Japanese Yen(1946 - Present)

    新円 / New Yen

  • かつて、我が国の領土だった台湾・朝鮮と勢力下に置いていた満洲国の貨幣。
    Taiwan, Chosen & Manchuria

    旧領土/Old Territories

  • 日本軍が占領地において支払いの為に使用した紙幣。
    Japanese Miliitaly Notes

    軍用手票/Millitary Notes