Currencia.net:Coins & Banknote museum of Japan

日本の古銭、世界各国の紙幣・硬貨

日本の旧領土・勢力圏

在外銀行券の発行

在外銀行券とは、戦前、我が国の領土だった台湾・朝鮮と、影響圏下においていた満洲などの地域で発行されていた銀行券のことをいいます。

日本円と等価で、券面にも額面と同額の日本銀行兌換券または金貨と引き換えできる旨、明記されています。

日本銀行兌換券は台湾・朝鮮で使用できましたが、逆に在外銀行券を日本本土で使用することはできませんでした。

なぜ、わざわざコストをかけて、別の銀行券を用意したかというと、有事の発生に備えるためだといわれています。

つまり、在外領土に敵国が侵攻し、市中に出回っている紙幣や金融機関で保管されていた大量の紙幣が押収された場合、

同じ銀行券だと本土で流通しているものと、在外領土から流入したものかは見分けがつかず経済が混乱する可能性があります。しかし、別のデザインにしておけば、在外銀行券と日本銀行兌換券との交換保証をしないと宣言するだけで、本土への影響を最小限に抑えることができるというわけです。

 

韓国併合の際、せっかく我が国の領土になったのだから日本銀行兌換券を使わせるようにしよう、という意見もありましたが、上記の事態を懸念して、結局在外銀行券の発行に落ち着きました。



貨幣博物館カレンシアからのお知らせ

 当館が所蔵する所蔵品の画像データは、「資料提供・監修プログラム(法人限定・有償)」の利用、または「お客様相談室を通じての事前申請(個人限定・無償・要審査)」をして頂くことで、ご利用頂けます。ご相談・申請段階までは無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 一方、当館コンテンツの無断転載は、これを固く禁止します。Twitter/Facebook等SNSのアイコン画像に、当館のコンテンツを無断使用されるケースが散見されますが、必ず上掲の手続きに従って申請をしてください。無断転載の疑いのあるアカウントをお見かけした場合は、照会のためご連絡させていただく場合がございます。

よろしくお願い申し上げます。

戦後 1945-

戦前 1868-1945

江戸以前 708-1868

旧領土 Old Territories

台湾・朝鮮・満洲

軍用手票 Military Notes

日清・日露・大東亜戦争

記念硬貨 Commemorative

更新情報

  • 平成29年2月27日更新
Twitter
バナー
法人向けプログラム

地域ごとに貨幣を探す

目的別に選ぶ