日本統治時代 / Japanese Chosen

「韓國併合ニ関スル条約」(明治43年 / 1910年 / 隆煕4年)に基づき、大日本帝国は大韓帝国を併合しました。朝鮮半島には近代的な通貨制度がなかったため、日本は朝鮮銀行を設立し、銀行券を発行しました。



朝鮮銀行券 改造100円
昭和13年発行(1938)
「此券引換に金貨又は日本銀行兌換券百圓相渡可申候也」という記載があり、額面相当の金貨または日本銀行兌換券との交換ができることが、明記されている。
Bank of Chosen note 100 Yen
Day of Issue:1938




朝鮮銀行券 改造10円
昭和7年発行(1932)

Bank of Chosen note 10 Yen
Day of Issue:1932



朝鮮銀行券 甲100円
昭和19年発行(1944)
「此券引換に日本銀行兌換券百圓相渡可申候也」と表示され、金貨と交換ができる旨の記述が削除されている。表面は凹版印刷と多色刷り印刷が使用され、高額紙幣の品格を保っているが、裏面は平版2色刷りと印刷が簡略化されている。
Bank of Chosen note 100 Yen
Day of Issue:1944
  

米軍統治下 / USAMGIK

大東亜戦争の敗北を受けて、昭和20年9月9日(1945)、朝鮮総督府はアメリカ軍に対して降伏しました。これを受けて、アメリカ軍は9月11日に在朝鮮アメリカ陸軍軍政庁( USAMGIK )を設置し、朝鮮半島南部を直接統治するようになりました。


朝鮮銀行券 丙100円
昭和21年3月26日発行(1946)
Bank of Chosen note 100 Yen
Day of Issue:26 Mar., 1946



朝鮮銀行券 丁100円
昭和21年7月1日発行(1946)
Bank of Chosen note 100 Yen
Day of Issue:1 Jul., 1946



朝鮮銀行券 10円
昭和21年10月10日発行

Bank of Chosen note 10 Yen
Day of Issue:10 Oct., 1946

韓国建国後/1948-



朝鮮銀行券 未発行1,000円
未発行
※朝鮮戦争時に北朝鮮軍が韓国銀行金庫から略奪、市中に放出したため、正規の手続きを踏んで発行されていない。

Bank of Chosen note 1,000 Yen
Unissued.



韓国銀行券 1,000ウォン
発行

Bank of Korea note 1,000 Won
.

ホーム日本の貨幣日本の旧領土朝鮮

朝鮮銀行券と関係する国