英領時代 / Under British rule

香港は1840年、アヘン戦争の結果イギリスの領土となり、歴代の英国国王の肖像がコインに刻まれました。1941年末には日本軍が侵攻し、軍票を発行しました。1945年の日本帝国敗戦とともに再び英国領となりましたが、1997年に中華人民共和国に返還されました。その後も50年間は「一国二制度」のもと自由が保証されている・・・ということになっていましたが、現状は皆さんがご承知の通りです。

土地面積は小さな香港ですが、香港ドルの発券銀行が3つもあります。香港上海銀行、チャータード銀行、中国銀行(香港)のそれぞれが独自のデザインの銀行券を発行しており、さらに特別行政区政府が政府紙幣10ドル券と硬貨を発行しています。そのうえ新紙幣と旧紙幣が入り混じって流通しているため、貨幣ファンにとってはとてもカオスで面白いエリアになっています。




香港上海匯豐銀行 100ドル(1982年版)
HSBC $100 (Series 1982)
表:英領香港紋章(英国国章に阿群帶路圖を配す)
裏:香港上海銀行旧本店とライオン像





香港上海匯豐銀行 100ドル(1990年版)
HSBC $100 (Series 1990)
表:英領香港紋章(英国国章に阿群帶路圖を配す)
裏:香港上海銀行本店(中環)とライオン像
備考:旧券と比べサイズが縮小され、裏面は同行新社屋に差し替え。




香港渣打銀行 20ドル(1994年版)
SCB $20 (Series 1994)
表:香港上海銀行本店(中環)とライオン像
裏:中秋節


2ドル白銅貨(1975年)
$2 (1975)
表:エリザベス2世女王
裏:真珠を差し出す小さなライオン(1959年版香港紋章から抜粋)

「香港」と関係の深い国