香港 / HongKong

香港は1840年、アヘン戦争の結果イギリスの領土となり、歴代の英国国王の肖像がコインに刻まれました。1941年末には日本軍が侵攻し、軍票を発行しました。1945年の日本帝国敗戦とともに再び英国領となりましたが、1997年に中華人民共和国に返還されました。その後も50年間は「一国二制度」のもと自由が保証されている・・・ということになっていましたが、現状は皆さんがご承知の通りです。

土地面積は小さな香港ですが、香港ドルの発券銀行が3つもあります。香港上海匯豐銀行、チャータード銀行、中国銀行(香港)のそれぞれが独自のデザインの銀行券を発行しており、さらに特別行政区政府が政府紙幣10ドル券と硬貨を発行しています。そのうえ新紙幣と旧紙幣が入り混じって流通しているため、貨幣ファンにとってはとてもカオスで面白いエリアになっています。

なお、発券銀行・新券・旧券の違いはあっても、額面のテーマカラーは共通なので、それほど買い物に困ることはありませんでした。

1,000ドル=オレンジ 500ドル=茶色 100ドル=赤 50ドル=緑 20ドル=青 10ドル(プラスチック券)=紫

2003年 / Series 2003




香港上海匯豐銀行 100ドル(2003年版)
HSBC $100 (Series 2003)



香港渣打銀行 50ドル(2003年版)
HSBC $100 (Series 2003)



中國銀行(香港)20ドル(2003年版)
BOC(HK) $20 (Series 2003)



中國銀行(香港)20ドル (北京五輪記念)
BOC(HK) $20 (Beijing 2008 Olympic Games)


2010年 / Series 2010




香港上海匯豐銀行 100ドル(2010年版)
HSBC $100 (Series2010)
表:香港上海匯豐銀行本店(中環)とライオン像
裏:香港特別行政区成立記念日




香港上海匯豐銀行 20ドル(2010年版)
HSBC $20 (Series2010)
表:香港上海銀行匯豐本店(中環)とライオン像
裏:中秋節



2019年 / Series 2019



香港上海匯豐銀行 20ドル(2010年版)
HSBC $20 (Series2010)
表:香港上海銀行匯豐本店(中環)とライオン像
裏:中秋節

「香港」と関係の深い国