日本円からジンバブエ・ドルまで、世界各国の貨幣を収集しています。

貨幣博物館カレンシアへようこそ!

Welcome to Currencia!

 


貨幣博物館カレンシアは、私たちに暮らしに欠かせない「お金」に焦点を当てた博物館です。

世界中から紙幣・硬貨・書籍といったお金にまつわる資料を収集・保管して、調査研究活動をしています。

こうした活動を通じて、貨幣収集の普及およびコレクションの保存および活用を図ることを目的にしています。

概要

名称

貨幣博物館 カレンシア

英文表記 

Currencia : Coins & Paper Money Museum

設立   

平成12年(2000年)11月11日

開館

平成13年(2001年)1月1日

収集開始

平成2年(1990年)

管理者

貨幣研究機構カレンシア

目的

[1]インターネット上に貨幣博物館を設置すること。

[2]貨幣を収集、調査、研究し作成したコンテンツを公衆の閲覧に供すること。

[3](2)の業務に関連する出版物の刊行、その他の教育及び普及の事業を行うこと。

[4](1)の博物館を貨幣の保存または活用を目的とする事業の利用に供すること。

[5]貨幣に関する周辺分野について調査及び研究を行うこと。

[6](5)に掲げる業務にかかる成果を普及し、及びその活用を促進すること。

[7]貨幣に関する情報及び資料を収集し、整理し、及び提供すること。

[8](1)から(7)の業務に附帯する業務を行うこと。

収集対象

1、わが国と世界各国・地域発行の紙幣・硬貨(※)

2、貨幣に関連する資料

(※)日常の商取引で使うために発行されたものが優先される。

(※)高額記念金・銀貨のように、決済手段として実用的でないものは除く

 

博物館の所在地

http://currencia.net/

 

ロゴマーク

平成22年2月7日改正

ネーミングおよびロゴマークのコンセプトについて

「通貨」を意味する英単語「Currency」と「理想郷」「すばらしいけれど、どこにもない場所」を意味する「Utopia」を基にした造語です。

ロゴタイプの「i」を二重丸で囲むことで、古来よりわが国をはじめアジア全域で使用されてきた銅銭である「穴あき銭」を描き、ウェブサイトの内容を表現しています。

正方形のシンボルマークはお金に関するいくつかの意味がこめられています。

太い外枠の茶色は「銅」、半円のねずみ色は「銀」、背景の黄土色は「金」をあらわし、硬貨の素材となった3つの貴金属で構成されています。

同時に、金色地に銀の円で「日の丸」を描き、当館が創設された国である日本を表しています。


Copyright(C) 2000-2011 Currencia.net All rights reserved.